FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「タリウム少女の毒殺日記」を観て

2013.09.16 23:36|MOVIE
thallium_main-700x393.jpg


九州では宮崎のキネマ館でしか、しかも1週間しか上映されないという、世界で問題作とされてる「タリウム少女の毒殺日記」を観てきました。

あらすじなどはコチラから→→http://www.cinematoday.jp/movie/T0016169

あまりにもクレイジーな映画で見終わったあとは絶句。。。

一日経ってなんとか整理ができてきたので、自分なりにまとめてみました。(以下、まとまってるのかまとまってないのか不明な分析結果です)

ざっくり要約すると、「全てがプログラミングされてコントロール化している世界から、自らを傍観者にして自己をコントロールすることによって、自由を得ようとした少女の物語」。

ほんとうの幸せとはなにか?彼女は自由を得る事で幸せになろうとしていたのだろうか?(それも分かりにくい)

私が印象に残ったシーン。映画の中で、母親の可愛がっていた魚を殺してホルマリン漬けにしてしまった。

それに気づいた母親が激怒するシーンで、少女は「お母さんだって、魚殺すじゃない。食べてるじゃない」と言った。

「ハムスターと母親の違いが分からない」と言った。

それについて私は考えたんです。確かに。。。って思って。

それって、愛が分かるか分からないかの差だなって。

人間は、命に優劣をつけてはいけないと言いながら、絶対につけてしまう。

でも矛盾のこの世のものだから、それはそれで間違いではないと思うんです。

命に「差」はないけど、「違い」はある。

その個体を愛しているモノがいるか否か、だと思ったんです。

たぶん私たちが食べている魚にも私たちのような家族がいて、愛されているとしたら、きっとそれは良しとされないだろうと思う。

そして牛やら豚にも感情や愛があるかもしれないことはきっと無視されている事なんだと思う。

つまり人間は、人間に愛されている何かが、他の存在に害される事を良しとしない、ていう性質がみえてきたんです。

ハムスターと人間に命の差はない。

しかし人間界でその違いを作っているのは、「愛」というわけ。

誰にも愛されていない人間はいないと思ってます。

生きてる以上、きっと最低自分は自分を愛してる。

そしていいか悪いかを決めてるのは、人間しかいない、てことも見えてくる。

「いい悪い」は、人間が社会を作って秩序を保つためだけに存在している、と私は認識しています。

「人のモノを殺してはいけない。遺伝子操作をしてはいけない。◯◯をしてはいけない」

きっとこれも人間にプログラミングされていること。

そのプログラミングから自由になりたい、自由にこそ幸せがある、と少女は思ったんじゃないだろうか。

本当の幸せってなに?ていう問題提起の映画だったのかな??う〜ん。。。深いね。。。

だとしたら私としての答えは、例え全てがプログラミングされていて支配されていたとしても、その中で何かを愛すことができて、愛されることが本当の自由なんじゃないかと。

なんかすごく複雑化して混沌として、今の世の中を象徴してるような映画だったけど、結局答えは超簡単なことに行き着いてしまったんだよね。。。(--;)

支配とか関係なくね?狭かろーが広かろーが、脳から幸せ物質分泌させたもん勝ちでしょ!?みたいな。

この映画は、きっと観る人によって着地点が全然違うんだろーなー。

子持ちの友達も一緒に観てたけど、彼女は母親の観点から、また私とは違った感想を持っててそれも面白いな、と思った。

とにかく着地できない人も多発すんだろーなー、と思うほどクレイジーな内容だけどね...

決してオススメはしないけど、観て良かったと思う、そんな映画。

興味あるひとは、是非、昼間に観る事を強く推します(笑)

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

aya-chago

Author:aya-chago
ヨウコソオコシクダサイマシタ。
生粋の日本人です。

organic veggie cafe MAME*MAMEを移転リニューアル、現在「be good vegelovers チャゴ」を経営中。
チャゴHP★http://www.cafe-chago.com/
MAME*MAMEのブログはリンクからどーぞ。

最新記事

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。